解決事例002 - 杉並区 離婚 弁護士

 
  • HOME  > 
  • 解決事例002
   
2018.1.28 更新
 
不倫慰謝料を200万円減額
(300万円→100万円)
分割払い
 
弁護士への依頼内容 不倫慰謝料を減額する
 
女性 20代 会社員
 
結婚期間 2年
子供 0人
別居 しない
離婚 しない
 
浮気・不倫の期間 約6か月
 
解決方法 協議
獲得内容
   慰謝料減額200万円
   秘密保持条項
   個人情報の削除
 

相談前

相談前
 
Yさんは、職場で知り合った既婚男性Aさんから熱心にアプローチされ、関係をもってしまいました。
 
このままではいけないと思いながらも、Aさんとの結婚に淡い期待を抱き、交際を続けていました。

しかしある日、奥様に知られてしまったことを理由に、Aさんから一方的に交際の終了を告げられました。
 
実はAさんに奥様Xさんと離婚する気は全くなく、Yさんとの交際は遊びにすぎなかったとのことでした。
 
YさんがそんなAさんの態度に悲しんでいたところ、慰謝料300万円の請求書が奥様Xさんの代理人弁護士から届きました。

Yさんは、すぐに対応するため、地元の当事務所に相談なさいました。
 

相談後

相談後
 
Yさんは、当事務所の弁護士に交渉をすぐに依頼しました。
 
Yさんは、当初はAさんのことをあきらめることができずにいました。
しかし、当事務所の弁護士と話し合い、Aさんとの一切の関係を断つことを決意しました。
 
最終的には、裁判における慰謝料相場との均衡を考慮していただき、慰謝料を100万円とする内容で示談しました。
お金がなかったので、100万円を更に分割払いにしてもらいました。
 
裁判にならないで解決しました。
 

弁護士からのコメント

弁護士からのコメント
 
浮気・不倫の慰謝料を請求された場合、ご本人が交渉すると話がこじれてしまうことがあります。
特に、彼のことをあきらめきれずにいるときは話し合いがなかなか進みません。
 
Yさんは、不倫の慰謝料を請求されたらすぐに弁護士に相談して交渉を依頼しました、
奥様の代理人との交渉は弁護士に任せて、ご自身は彼に対する気持ちを整理することに集中しました。
そのことが穏当な決着につながったようです。
 
浮気・不倫の慰謝料を請求されたら、当事務所の弁護士にすぐご相談ください。
浮気・不倫の慰謝料減額のご相談は、何回でも無料です。
 
 
 

他の解決事例はこちら

他の解決事例はこちら
 
   
   
 

ご予約・お問い合わせはお気軽に

ご予約・お問い合わせはお気軽に
     
電話受付
 
メール受付
杉並区の弁護士による離婚相談
運営:ワイズ法律事務所
弁護士 杉野健太郎
(第一東京弁護士会所属)
土曜・日曜・祝日も営業
(不定休)
21時まで相談
相談時間 10:00~21:00
電話受付 10:00~18:00
駅前0分
JR中央線/西荻窪(南口)
〒167-0053
東京都杉並区西荻南3-9-7
ボストンビル3階
TEL 03-5941-8350
 
<<運営 ワイズ法律事務所>> 〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-9-7ボストンビル3階
JR中央線・西荻窪駅前(南口)徒歩0分 TEL:03-5941-8350